屋根の塗り替えは神奈川の屋根塗装

屋根は最も過酷な条件で住宅を守っています。
夏は暑い太陽に長時間さらされ、冬には雪が積もるでしょう。
台風にも耐えなければなりません。
そして地震もあるでしょう。
屋根は屋内と違って、簡単に掃除をしたり、こまめに状態を確認したりすることもできません。
ちなみに「いらかの波」と歌にあるように、かつてはほとんどが瓦屋根でしたが、今は様々な事情で、コロニアルやトタンの屋根も多いようです。
このような屋根は保存のために塗り替えなくてはなりませんが、定期的に塗り替えていても傷みやすいのがトタン屋根でしょう。
ですから塗り替えとともに、定期的な点検をし、補修をするのがよいと思います。
現在、コロニアルの屋根が多いそうですが、8年から15年くらいおきの塗り替えが適当でしょう。
屋根を長持ちさせ、アスベストの飛散も防止するからです。
また雨どいも、気づかないうちに木の葉などがつまり、雨水が流れにくくなったりするので、点検が必要だと思いました。
屋根塗装のご相談なら神奈川のサンテックを一度検索してみて下さい。
ご予算を考慮のうえ、メリットやデメリットも説明し、十分な話し合いのうえ施工しています。
自社施工なので不要なコストをかけず、多くの経験を経た技術で貢献しています。

くわしくはここをクリック!


メニュー